<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

土日

土日と久しぶりの見学会でした。
土曜日に友達が来て、昨日はそのご両親が来てくれた「なんかいいねぇ~、こういうの
私あんまりよぅわからんけど?」仕上がっているわけでもなく、ごもっともである。
「ちょっと肥えた?」私が友人のお母さんに以前お会いしたのは10年以上も前30代がけっぷちの私にすれば当然の話で致し方無い、自覚症状があるだけ自分ではよい方だと思っている。
ご家族で来られたOBさん、私はお会い出来なかったのだが、もうお子様も大きくなられたと思う。奈良からは吉田学校でご一緒している、設計士さんも来られて(ご案内だけしていて1時にお越しになるのをすっかり忘れていて到着される2,3分前に私も滑り込みで到着した、汗…)
建前に応援に来てくれた大工さんもきてくれました。
来場者の動因の難しさも勉強になったし、今回はいろんな事を学びました。
なにより嬉しかったのが、近所の三笠屋さん(赤飯やおはぎ和菓子など製造販売しています)でお願いしてチラシを貼っていただいていたのですが、帰りにまだ貼っていただいていたので、戻って剥して帰ろうと奥さんにお声を掛けたら「いらないんだったらください!」と言われ確かに私は要りませんが私が要らないのを先方さまがいるわけが無くと思っていたのですが、
また宣伝しとくよって言われそのままお渡ししてきた、「見に行かせてもらうといいけど、建てないのに行っても迷惑だろうから」と言われたがほぼ年中無休の状態でお忙しいくお仕事されているなかでそんなお言葉をいただけるだけで嬉しいし、皆様貴重な休日のお休みにきていただいて本当にありがとうございました。
[PR]
by asu1374 | 2007-07-23 07:38 | 生活 | Comments(0)

雨の中

今日は雨の中、足元の悪い中ありがとうございました。
夫婦で来て頂いたOB様、施主の奥様の友人の方の差入れ、お子様連れで一人で熱心にこちらのお話を聴いて頂いた奥様、遠方からきていただいた友人。
私の身内の新婚夫婦、たくさんの方々に感謝いたします。
たいしたおもてなしもできず、充分対応できませんでしたかもしれませんが、私たちのいま精一杯の出来る範囲はさせていただいたつもりです。
(まだまだ勉強不足、説明下手、段取り悪さで申し訳ございませんでした)
ですが改めて考えてみると、こうすればもう少し満足していただけたのでは?
見学者の方々がもっと聞きたいことや知りたいことがあったのではと少し反省しています。
でも次回はもっとご満足いただけるようにしたいと思います。
奥様の友人には「私の理想のプラン」だわとお褒めを頂いたようで、施主さまの奥様伝えにお聞きしました。伊達に吉田学校に通いつづけていなかったなぁ?と思いましたし、
実際その方は同居されているそうで、直接結び付かないかも知れませんが、実体験に基づく生活をされている方からのお褒めの言葉は嬉しいものです。
雨の中でしたがスタッフの共々、皆様に感謝すると共に快くご提供頂いた、お施主さま、ご来場いただくお客さまの為にと、設営してくれたスタッフにも感謝!
次回は山林ツアーか蕎麦打ちなど企画しようと考えております。
お誘いしますので、是非お越しください!
[PR]
by asu1374 | 2007-07-21 22:16 | 建築 | Comments(0)

構造見学会

明日21、22日と構造見学会を開催いたします。
お時間ある方はお越しください。
e0010955_943456.jpg

[PR]
by asu1374 | 2007-07-20 09:43 | 建築 | Comments(0)

新潟地震

16日に起きた新潟の地震は想像以上に被害を受けているようだ。
改めて新潟の方々ならびに関係者の方々、震災のお見舞い申し上げます。
状況が本当によく伝わっていないし、来月には新潟を訪問しようと予定をたて、先方に連絡を入れようと思った矢先にこの地震でどうにも、どうしてよいか判らない。
続けて新潟ばかり起きるのも新潟の方々にはよい迷惑だ。
今回は死者もたくさん出ている、木造の倒壊や弱さだけ写し出されるようで、またあまりよいイメージを与えないことは確かになりそうだ。
筋交いや合板、金物はそこに応力が集中してかかった場合は初期剛性の段階では非常によく働きます。だが建物が傾き安全限界値を超えた場合、金物は土台、梁、柱から割裂をおこし、
筋交いは破断します。
伝統木構造は貫、土壁、小舞、込み栓、クサビ、など多くのパーツがそれぞれに力を分散して負担し地震力に耐える。
人の手で造った建物は決して人を裏切らないし、最終的には人を守ることが出来ると思う。
人の手には力があり、心を手先に伝えてものを造る。その力は物に魂を込めることが出来ると思う。
人が人に危害を加えるようなことは決してない。
私も兵庫県南部を襲った地震を体験している。(目と鼻の先で高速道路が倒壊していたところに住んでいて被災していました)
その話はまたの機会に述べるが逆に現代の世知辛い世の中に、人の暖かさを感じることができた。
今自分に出来ることと、しなければならないことを改めて問いただしたいと思う。
[PR]
by asu1374 | 2007-07-18 21:50 | 生活 | Comments(0)

現場状況

先日上棟した現場の小舞・壁つけがようやく行われました。
この現場は40代の親方(小舞・壁つけの工事に関しては若手)のもとで、修行中の20代の本当に若い職人が一生懸命頑張ってくれました。
非常にうれしい事です。全国各地でこんな若い子たちが土壁の工事を行ってくれて、もっともっと彼らが(自分たちの明日がどうなるかを心配するほうが先かもしれませんが 汗…)仕事でき、能力を発揮できる場所を作っていかなくてはと思いました。
早いともう平成生まれの職人が世の中に出て活躍してくるでしょう。
そんなことを思うとますます、世代のギャップを感じてしまいますが、現実戦後の日本の建築技術を守ってきてきてくれた、方々がリタイヤされたり、教えを請うことができる時間が刻々となくなってきています。それを受け継いでいくことが中堅どころの私たちの仕事のような気がします。
まだ私も辛うじて30代のヤングな世代です。何時も何でもがけっぷちですがガンバロっと!
e0010955_10432240.jpg

e0010955_10462345.jpg

[PR]
by asu1374 | 2007-07-16 10:39 | 建築 | Comments(0)

講演会

昨日スタッフの紹介で、アースーハートの野中邦子氏の講演に名古屋のセンチュリーホールに行ってきました。
もっとキンキンとしたすごい方だと思っていましたが、山本リンダ似のごく普通の主婦の方でした。(野中さんゴメンなさい)
「不思議な力と生命」といった演題で2時間ぶっ通しで話されていました。
人間は生まれてきた親や地域、環境など宿命を変えることはできないが、これから先起きることの運命は自分の手で変えることができる。
日々現代社会に生きる人は多忙の為、小さなことに気づかず見落としがちだが。
どんな小さなことや物にも自分との因果関係はあり、それらに感謝、感激することが大事である。そして今現在自分に起こっているや自分をとりまく環境は、すべて自分の日々の積み重ねであると感じる。
もっと自分を磨いて、周りに感謝してよい男になることを誓おう!
宿命はかえられないけど、運命は変える事ができる。
日々自分の発する言霊によって自分の運勢は良くも悪くも導かれるのだと思う。
すべてポジティブに前向きに行動したいと思う。
写真は水周り増築した現場です。外部は土佐漆喰ハンダ仕上げ。
杉板ヨコ貼りです。
e0010955_19111829.jpg

[PR]
by asu1374 | 2007-07-09 07:56 | 生活 | Comments(0)


三重県四日市市で木の家づくりをしている「あすなろ」です。父の病をきっかけに「家づくりだけでは人は幸せになれないと気づき、“食”にこだわる工務店として、お施主様と共にいろいろな取組をしています。


by 鈴木和孝

プロフィールを見る
画像一覧

おすすめ

最新の記事

工房が上棟いたしました
at 2017-09-20 21:37
上棟前の組立て
at 2017-09-20 06:12
3連休も終わりました
at 2017-09-19 05:20
雨戸
at 2017-09-17 21:59
台風接近
at 2017-09-16 22:03

画像一覧

カテゴリ

全体
住まい
生活
日常
建築
etc
明日桧の家
四日市の土地
書籍
畑・野菜
食べもの
お知らせ
asunaro Hut

最新のコメント

ame-no-michi..
by asu1374 at 21:24
多くの方に投票に行ってほ..
by ame-no-michi at 13:02
> ame-no-mic..
by asu1374 at 09:28
古びて古美るものは美しい..
by ame-no-michi at 06:43
ame-no-michi..
by asu1374 at 06:45
確かにこの時期の板金施工..
by ame-no-michi at 06:03
家の実家毎年梅干漬けてま..
by asu1374 at 23:07
室山の実家の梅干しおいし..
by 家の実家毎年梅干漬けてます。 at 11:44
ame-no-michi..
by asu1374 at 20:37
ご採用及び接写のアップあ..
by ame-no-michi at 09:34

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月

外部リンク

検索

ファン

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト